ラインミュージック(2018)最新CM曲の歌詞の意味は?歌う女性歌手は誰?

女性歌手

5月5日より放送が開始されているラインミュージック(2018)最新CMのの中で、女子高校生役の女優さんが聞いている「My Boo」と「Dear My Boo」という曲が気になる人が多いんじゃないでしょうか?

前者の曲を歌う歌手は若い世代なら誰もが知っているであろう清水翔太さんですが、後者の曲を歌う女性歌手は誰なのかを知っている人はそんなに多くないんじゃないでしょうか?

少なくとも僕は、このラインミュージック(2018)最新CMを見聞きした時に「ん?この女性歌手は誰だろう?」と疑問に思いました。

なので、今回はラインミュージック(2018)最新CMで流れる「Dear My Boo」という曲の歌詞の意味と、その曲を歌う女性歌手が誰なのかについて、記事を書きました。

Sponsored Link

 

ラインミュージック(2018)最新CMはこちら

ラインミュージック(2018)最新CMはこちらです。

恋心を抱く相手役の男子高校生に女子高校生が思いを募る姿が悲しげにそして切なく描かれています。

そんな彼女の心境や感情を、清水翔太さんの「My Boo」や女性歌手の「Dear My Boo」のメロディやサビのはじめの歌詞で深く引き立てています。

このミュージックを通じて僕たち視聴者は彼女の切なく悲しげな、しかし少しの希望をいだいた心の動きをありありと感じることができます。

ミュージックは感情の表現に大切なんだ、ということがこのCMからは伝わってくるような気がしますね。

 

ますます、女性歌手とその歌詞の意味が気になってきます。

ちなみに「Boo」はボーイフレンドやガールフレンドを言い表す言葉らしいです。

Sponsored Link

ラインミュージック(2018)最新CMで流れる曲の歌詞の意味は?

では、ラインミュージック(2018)最新CMで流れる曲「Dear My Boo」の歌詞の意味はどういったものなのでしょうか?

こちらがミュージックビデオになります。

フルで聞くととても感傷的になれますね。

ラインミュージック(2018)最新CMで流れる曲の歌詞はこちら

絶対続かない またすぐにバイバイ
そう思ってたのに 永遠願うように

色違いのTシャツ お揃い照れて笑う
二人で 思い出 重ねてる

失うのが怖くて
愛することから逃げてきたけど
君がくれた まっすぐな思いが
向き合ってく 勇気を くれたんだ

My boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから
ねえ boo I’m so happy
君のためならI can be your jasmine
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

「バス一つ見送ろうよ」
遠回りして帰っても
ポケットの中手をつなぎ
歩幅合わせれば寒くない
あなたの左側が 私の定位置
これからもずっと

隣にいるときは
恥ずかしくてなかなか言えない
好きの気持ち 今受け取ってほしいの
笑わないで ちゃんと 聴いててね

My boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから
ねえ boo I’m so happy
君のためならI can be your jasmine
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

些細なすれ違いが 大喧嘩になって
思ってもないのに
別れようなんて吐き捨てたりもして
それでも好きだから不器用なだけだから
どんなに辛くても側にいたいの

My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグしよう
これからずっと支えていくから
ねえ Boo I’m so happy
私を見つけてくれてありがとう
眠ってる時すねてる時笑ってる時
全部愛してるよ

My boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから
ねえ boo I’m so happy
君のためならI can be your jasmine
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる

引用元:1Lyrics Buzz

 ラインミュージック(2018)最新CMで流れる歌詞の意味は?

個人的にこの曲の歌詞の意味を解釈しようと思います

“絶対続かない またすぐにバイバイ
そう思ってたのに 永遠願うように

色違いのTシャツ お揃い照れて笑う
二人で 思い出 重ねてる”

今まで恋愛で失敗してきて自信をなくした女の子が、彼との色違いのTシャツを見て思いがまだ通じていることを実感していますね。

“失うのが怖くて
愛することから逃げてきたけど
君がくれた まっすぐな思いが
向き合ってく 勇気を くれたんだ”

失恋の痛みに耐えられなくて誰かを深く愛することを避けてきた女の子が、

今の彼からの真っ直ぐな愛のことばに、今回の恋は違うんだと勇気をもらっていますね。

“My boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから
ねえ boo I’m so happy
君のためならI can be your jasmine
照れくさくて いつも言えないけどさ
愛してる”

そんな真っ直ぐな彼に対しても真っ直ぐな愛を伝えようとします。

自分ではない誰かに触れることへの恐れ、自分がいないどこかへ行ってしまうことへの恐れ、彼を失ってしまうといてもたってもいられないという弱さを、正直に伝えてますね。

あなたがいるから幸せだよと、あなたのジャスミン(おそらくアラジンでいうジャスミンのことかな?)になれるんだよと、強く真っ直ぐな愛を彼に伝えてますね。

“「バス一つ見送ろうよ」
遠回りして帰っても
ポケットの中手をつなぎ
歩幅合わせれば寒くない
あなたの左側が 私の定位置
これからもずっと”

彼とできるだけ長い時間、彼とできるだけ近い距離、を望む彼女の思いが強く表れています。

”隣にいるときは
恥ずかしくてなかなか言えない
好きの気持ち 今受け取ってほしいの
笑わないで ちゃんと 聴いててね”

彼女は今までの詩を直接彼に言ってなかったことがわかりますね。

自分の心の奥の正直な彼への愛を歌でしか表現することができない彼女の淡く切ない思いがにじみ出ています。

直接言った時の彼の反応がまだ恐いのかもしれませんね。

“些細なすれ違いが 大喧嘩になって
思ってもないのに
別れようなんて吐き捨てたりもして
それでも好きだから不器用なだけだから
どんなに辛くても側にいたいの”

恋に落ちている時の自分の感情がどれだけコントーロール不可能か、描かれていますね。

深く恋をすればするほど思ってもないことを口走り後悔してしまう、その言葉の根本にあるのは「ただそばにいたいだけ」という純粋な気持ちでしかないのに。

“My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグしよう
これからずっと支えていくから
ねえ Boo I’m so happy
私を見つけてくれてありがとう
眠ってる時すねてる時笑ってる時
全部愛してるよ”

そして、最後に彼女は気づきます。

彼の何もかもを愛していて、そんな彼に対して感謝の気持ちが溢れ出てくることに。

歌だからこそ見つけられた言葉たちに。

 

はい。こんな感じです。

あくまで僕の主観ですよ。

ラインミュージック(2018)最新CMで流れる曲を歌う女性歌手は誰?

では、「Dear My Boo」を歌う女性歌手は誰なのでしょうか?

調べたところ、

當山みれい(とうやまみれい)さんという方でした!

最近はじめて聞く名前が多いです。

當山みれいって誰?

當山みれいさんの簡単な経歴とプロフィールを紹介します。

女性歌手

  • 1998年7月27日生まれ(19歳)
  • 大阪府出身
  • シンガーソングライター、ダンサー
  • YARD所属

まだ19歳とはかなり若いですね。

幼い頃からダンスと作詞作曲ばかりしていたそうです。

ダンサーや歌手になる以外の夢は考えられなかったそうです。

日本では2013年にデビュしてます。当時はまだ14歳です。

すごい才能ですね。

今後に期待です。

まとめ

以上、

今回は、ラインミュージック(2018)最新CMで流れている曲の歌詞の意味と、それを歌う女性歌手は誰なのかについて記事を書きました。

  • 流れている曲の歌詞の意味は、一途な女心そのものだった。
  • 曲を歌う歌手は、當山みれいさん
  • 當山みれいさんは、まだまだ若い才能あふれる歌手

ということでした!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です