東京オリンピック野球の日本戦日程・組み合わせ一覧!予選・決勝の会場の場所はどこ?

東京オリンピック野球

東京オリンピック野球の日本戦の日程や組み合わせ、会場の場所などの基本的な情報をまとめていきます!

2020年夏まであと1年と少しなので、東京オリンピックに向けての気持ちの高まりがすでに起こっている人も少なくはないんじゃないでしょうか。

野球好きにとっては、早い段階で試合日程や組み合わせを把握しておきたいところですよね。

今回は東京オリンピックの野球の概要について調査しました!

Sponsored Link

東京オリンピック野球の日本戦日程・組み合わせ一覧!

日程

ではさっそく、東京オリンピックの野球の日本戦日程や組み合わせを確認していきましょう!

 

決勝トーナメント組み合わせ

東京オリンピック野球トーナメント表

予選組み合わせ

グループA グループB
未定 未定
未定 未定
未定 未定
予選日程

7月29日(水)
12:00 – 15:00
福島あづま球場

 

7月30日(木)
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

 

7月31日(金)
12:00 – 15:00
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

 

8月1日(土)
12:00 – 15:00
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

決勝トーナメント日程

8月2日(日)
12:00 – 15:00
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

 

8月3日(月)
12:00 – 15:00
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

 

8月4日(火)
19:00 – 22:00
横浜スタジアム

 

8月5日(水)
12:00 – 15:00
19:00 – 22:00(準決勝)
横浜スタジアム

 

8月6日(木)
19:00 – 22:00(準決勝)
横浜スタジアム

 

8月7日(金)試合なし

 

8月8日(土)決勝戦
12:00 – 15:00(3位決定戦)
19:00 – 22:30(決勝)
会場: 横浜スタジアム

2020年開催の東京オリンピック野球の出場枠は6カ国しかありません。その6カ国がA.B2つの予選グループに振り分けられ、そこでの順位に従って、決勝トーナメントの組み合わせが決まる、といった形式になります。

また今回はノックアウト方式(敗者復活戦)を採用しているので、一度負けてもまだ優勝するチャンスは残されています!

そして気になるその6カ国の決め方なんですが、下記のようにそれぞれの地域に出場枠が振り分けられているんですね。

東京オリンピック野球の出場枠

1枠目

開催国として日の本

2枠目

欧州・アフリカ予選最上位1チーム。

※最初の予選は、2019ヨーロッパ大陸大会の上位5か国とアフリカ大陸大会の優勝国が9月18~22日にかけてイタリアで対決する。

3、4枠目

プレミア12でのアジア/オセアニア地区とアメリカ大陸の最終成績が(日本を除く)最上位2チーム

5枠目

2020年3月のアメリカ予選の(プレミア12での出場決定国は除く)最上位国1チーム

6枠目

イタリアで開催のアフリカ/ヨーロッパ予選の2位アメリカ予選の2位3位2019年アジア予選(出場権を得ている国以外)の上位2カ国と2019オセアニア予選の優勝国の6か国のうち勝ち上がった1チーム

東京オリンピックの出場枠のうち1つは開催国の日本で決定しているので、残りの5枠を各国が争う形になるようです。

最後の6枠目が決定するのが、2020年3月以降になるので、確かな予選・決勝トーナメントの日本戦日程は2020年4月頃に出そうですね。

日本戦の日程は決まり次第、詳しくまとめていきます!

 

ちなみに、3、4枠目の出場国を決めるプレミアム12試合日程は2019年11月2日(土)日に開幕し、2019年11月17日(日)に決勝戦を迎える約2週間の間に組まれています。

東京オリンピック野球予選組み合わせ

グループA グループB グループC
メキシコ 台湾 韓国
アメリカ 日本 キューバ
オランダ ベネズエラ オーストラリア
ドミニカ共和国 プエルトリコ カナダ

こちらが予選の組み合わせ表ですが、日本を除いた11カ国のうち上位2カ国が、東京オリンピックの出場権を手に入れるわけですね。

どの国が東京オリンピックの出場枠を手に入れるのか、予想が難しいです。

日本は東京オリンピックに出場が決まっているとはいえ、日本戦をひとつずつ勝ち上がって優勝までいってほしいですね。

Sponsored Link

東京オリンピック野球の予選・決勝の会場の場所はどこ?

会場

さて、東京オリンピックの野球の日程や組み合わせを見てきましたが、予選や決勝の会場の場所もどこなのか早い段階で把握しておきたいですよね。

日程のところに書いてはいるのですが、東京オリンピックの野球会場に限っていえば、今のところ(2019年5月現在)、使用される予定がある会場は福島あづま球場横浜スタジアムです!

 

福島あづま球場

福島あづま球場

  • 収容人数:30000人
  • アクセス:車→あずま球場駐車場(220台)、あずま野球場下駐車場(160台)

 

横浜スタジアム

横浜スタジアム

  • 収容人数:33000人
  • アクセス:電車→みなとみらい線「日本大通り駅」横浜スタジアム入り口より徒歩3分/横浜市営地下鉄「関内駅」1番出入口より徒歩3分/JR根岸線「石川町駅」北口より徒歩5分/JR根岸線「関内駅」南口より徒歩2分

福島あづま球場は2019年7月29日(水)の開幕戦のみ使用される予定です!

その他の予選や本戦、そして決勝戦は横浜スタジアムが会場になります!

東京オリンピック野球の会場のほとんどが横浜スタジアムになるので、都心に住む方はアクセスしやすいですが、地方に住む方は複数の試合観戦を予定している場合、泊まり込みになる可能性が高いかもしれませんね。

Sponsored Link

東京オリンピック野球の日本戦日程・組み合わせ一覧!予選・決勝の会場の場所はどこ?:まとめ

東京オリンピック野球

ということで、今回は東京オリンピック野球の日程や組み合わせ、会場の場所をまとめていきました。

日本戦がいつになるのかはまだわかりませんが、開幕国なので開幕戦は日本がすることは考えられますね。

会場も基本的には横浜スタジアムなので、都心に住む人がアクセスしやすい場所でした。

東京オリンピックが徐々に近づくにつれ、情報も更新されてくると思いますので、その都度書き直します!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です