帝一の國で菅田将暉がピアノを弾いた曲は?本人の実演?

2018年4月21日に地上波で再放送された「帝一の國」に主演した菅田将暉さん。

そんな彼が映画中にピアノを弾くシーンがあります。話題となりましたね。

菅田将暉さんが弾いたピアノの曲はなんなのか、菅田将暉さん本人が実演したのかどうか、改めて調べてまとめました!

Sponsored Link

帝一の國ってどんな映画?

菅田将暉さん演じる主人公赤場帝一は、総理大臣になって自分の国を作る野心をもつ男です。

総理大臣になるための最短の方法は何かと赤場帝一が考えた結果、日本一の超エリート進学校で生徒会長になることだと結論をだした赤場帝一は、生徒会長を目指して奮闘します。

当然赤場帝一と同じように生徒会長を目指すエリートたちが彼の前にはばかり、そう簡単にはいかない。

そんな攻防はまさに政治と全く同じで、派閥を作り上げで数で押すなどの、戦略がひしめきます。

最終的に赤場帝一は生徒会長の座を手に入れ、ピアノを弾きます。

Sponsored Link

菅田将暉が弾いたピアノの曲は?

冒頭とラストシーンで菅田将暉さんがピアノで弾いていた曲はなんでしょうか。

ピアノの曲名は、「マリオネット」です。

マリオネットは、ドイツの作曲家ローデがつくった曲です。

マリオネットは日本語で操り人形です。

冒頭のシーンでは、自分は父親の操り人形だという意味合いが含まれたシーンだったかもしれないですね。

そして、最後生徒会長の座を手に入れ、生徒たちにむかってにピアノを演奏した時は、君たちが操り人形だよという意味合いに変わっていったのかもしれませんね。

菅田将暉が弾いたピアノは本人が実演したの?

アクションシーン然り、大抵の専門的な技術が必要とされているシーンは本人が実演されているのかどうか疑ってしまいますよね。

ピアノでこの曲を弾く菅田将暉さんの姿もまた違う人が弾いてるのではないかと勘ぐってしまいます。

しかし、実際のところは

ピアノを弾いたのは、菅田将暉さん本人です。

ピアノを弾いたのは、10年ぶりくらいになるそうです。

小学生の時は、発表会に出るほどの腕前だったそうです!

10年近くピアノを習っていたそうですよ!

スピーディーで激しく動き回る菅田将暉さんが、椅子にじっと座ってピアノの曲を流麗に奏でるのは、とても印象的ですね。

菅田将暉さんの演技力の高さやピアノのうまさが垣間見える瞬間です!

 

ちなみに、菅田将暉さんが今までに歌った曲の作詞作曲を担当したのが誰かについても記事を書いてます。

よかったら見てください。

菅田将暉の歌の作詞作曲は誰?似てるといわれる曲は?動画も確認!

まとめ

以上

今回は帝一の國で菅田将暉さんが弾くピアノの曲名と本人による実演なのかどうかについて書きました。

  • ピアノの曲は「マリオネット」
  • ピアノは菅田将暉さん本人による実演

ということでした!

これからも菅田将暉さんを応援していきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です