東京オリンピックの観光客増加が予想される?それに伴う問題の対策は?

オリンピック

東京オリンピックの観光客増加はどれくらいだと予想されているのでしょうか、またそれに伴う問題や対策はどういったものが考えられているのでしょうか、気になりますね。

2020年に開催される東京オリンピックに対して、多くの人が「楽しみ」というポジティブな感情を抱いていることは確かだと思いますが、その反面「観光客増加に伴うネガティブな問題」についていろいろと懸念している人も多いんじゃないでしょうか。

今回の記事で、東京オリンピックの観光客増加に伴う問題やその対策について調査しまとめました。

Sponsored Link

東京オリンピックで観光客が増加が予想される?

観光客増加

2020年に開催される東京オリンピック。この影響で年々増えている日本の観光客ですが2020年はとりわけ、その大幅な増加が予想されています。日本政府観光局の公式発表のデータより具体的な数値をあげると2017年の日本を訪れた外国人観光客の数は約2900万人にものぼるそうです。

この値は前年度である2016年度の数値より19.3%も増加しています。

さらにこの値は過去最高であるらしく外国人観光客の数は2013年より5年連続で過去最高の記録を連続で塗り替えています。

そして政府の予想によると2020年の外国人観光客の数は約4000万人にものぼるそうです

4000万人という値は2016年度の外国人観光客の数の約2倍です。すさまじい数の観光客数。これよりここ数年の日本の発展や観光客増加に向けた取り組みを伺うことができますね。

東京オリンピックの観光客増加に伴う問題は?

問題

ではその外国人観光客の増加に伴う問題について考えてみましょう。

まず課題のひとつとして考えられていることは外国人観光客が泊まる宿泊場所が圧倒的に足りないことです。

こちらの問題ですが2015年度から考えられてきた問題になります。その2015年度ですら大都市圏のホテルの予約はすでに満席状態であり日本人が利用することが不可能になってしまう事態や違法民泊などの問題が持ち上がりました。

もうひとつは日本における外国人の受け入れ態勢が整っていないという問題です。

具体的に問題をあげると空港における入国審査の長時間化や日本ではまだあまり浸透していないキャッシュレス化、すなわちクレジットカード対応のできていない店舗の多さ地方都市のWi-Fi設備の不足などがあります。

Sponsored Link

観光客増加に伴う問題の対策は?

対策

それらの問題を解決していくための対策はどうなっているのでしょうか?

まず宿泊場所については地方都市への受け入れを促しそちらに宿泊していただくことで大都市圏への集中を避けようという取り組みが2018年にも行われています。

また異業種の宿泊事業展開が増加しています。大企業が2020年オリンピックを見越してそちらへの関心が高まっているようです。

このことより2018年度はある程度ではありますが外国人の宿泊場所不足は解決される見込みです。

空港における問題は2020年に向けて大幅な人員の増加空港直行便の増加といった対策が行われています。

キャッシュレス化に関しては現在政府も本腰を入れて取り組んでいる状況であり、クレジットカードを用いた決済だと数%ではありますが安くなることや、商品券などによるバックをつけることで日本人のキャッシュレス化を促しています。

東京オリンピックの観光客増加が予想される?それに伴う問題の対策は? :まとめ

オリンピック

以上、今回は東京オリンピックの観光客増加に伴う問題の対策について調査しまとめました。

観光客が圧倒的に日本に訪れることが予想される2020年には、想定外な問題もいくつか起こるかもしれません。

できるだけ問題が深刻化しないように迅速な対策を練ってほしいですね。

Sponsored Link