松田瑞生の腹筋メニューやトレーニング方法は?筋肉や体脂肪率がすごい!【画像】

松田瑞生の腹筋

松田瑞生さんの腹筋メニューやトレーニング方法が気になりますね!筋肉や体脂肪率がすごそうです。

松田瑞生さんは2018年のクイーンズ駅伝にダイハツのメンバーとして出場します!

そんな松田瑞生さんの注目ポイントはやはり腹筋や筋肉です。

松田瑞生さんを見て「腹筋やばいなあ」「筋肉すごいな」という感想を抱かない人はほとんどいないような気さえします。

今回の記事では、そんな腹筋や筋肉を持つ松田瑞生さんの体脂肪率やトレーニング方法・メニューを調査しまとめました!

Sponsored Link

松田瑞生の腹筋・筋肉がすごい!体脂肪率は?【画像】

松田瑞生

松田瑞生さんの腹筋・筋肉がすごいです!体脂肪率も気になりますね。

腹筋は板チョコよりもバッキバキです!

Twitter上に載っている画像を見るだけでも、松田瑞生さんの腹筋や筋肉がすごいのが分かりますよね。

腹筋のところだけをクローズアップした画像を街で歩く100人に見して「この画像の腹筋の持ち主は男性でしょうか?女性でしょうか?」という質問を投げかけたら、87人くらいは「男性!」と答えるでしょうね。(言いすぎかな?)

ようするに、それくらいに引き締められるところは引き締められて、盛り上がるところは盛り上がっている、均整のとれた綺麗で重厚な腹筋ということです!

ここまでの腹筋を作り上げられる女性ってなかなかいなさそうですよね。

 

松田瑞生さんの体脂肪率もかなり低そうです。

18歳から39歳までの女性の標準的な体脂肪率は28〜34%のようです。

マラソン選手の体脂肪率は15%前後です。

15%前後で腹筋などの筋肉の形が明確に浮き出るみたいなんですよね。

 

ボディービルダーの体脂肪率は約10〜12%です。

これくらいの体脂肪率になると、筋肉だけではなくて血管も浮き出るようです。

最低限の脂肪量といったところです。

 

松田瑞生さんの筋肉の感じを見ると、筋肉の形ははっきりと浮き出ていますが、血管までも浮き出ている様子は少なくとも画像からは伺えないですよね。

なのでだいたい体脂肪率は12〜15%くらいになるような気はします!

Sponsored Link

松田瑞生の腹筋メニューやトレーニング方法は?

松田瑞生

松田瑞生さんの腹筋を見ていると、腹筋メニューやトレーニング方法がとても気になってきますね。

 

松田瑞生さんは普段、10種類の腹筋メニューでトレーニングされているそうです。

しかし具体的な腹筋メニューの内容までは公開されていませんでした。

 

トレーニング方法はひたすら腹筋の回数をこなすといった感じですね。

1時間から1時間半の間で腹筋を1日計1000〜1500回はするようです!

多い時には3500回くらいいくこともあるみたいですね!

ちなみに2017年は1年間を通して計21万9520回も腹筋をしていたようです!

休息日なしと仮定して単純に365日で割ると、1日601回ほど腹筋していることになります。

驚異的です!

 

腹筋の回数と継続が、バッキバキの筋肉を手に入れるためのキーとなるものなのかもしれませんね。

ただ一般的な人が松田瑞生さんのように1日1000回をいきなりするのは三日坊主にすらならないで終わってしまうような気はします。笑

まずは1日10回程度の腹筋を1週間続けてみて、そのあとで徐々に回数を増やしていくというトレーニング方法で、継続性や習慣を体に染み込ませる方がいいような気はします!

松田瑞生さんの腹筋に近づけるといいですね!

松田瑞生の腹筋メニューやトレーニング方法は?筋肉や体脂肪率がすごい!【画像】:まとめ

松田瑞生の腹筋

以上、今回は松田瑞生さんの体脂肪率やトレーニング方法・メニューを調査しまとめました!

松田瑞生さんの腹筋はすごかったですね!

体脂肪率もマラソン選手の標準の15%を下回っていてもおかしくはなさそうです!

具体的な腹筋メニューまでは公開されていませんでしたが、トレーニング方法は「継続的に回数をこなす」ということがポイントになっているようでした。

腹筋は意識的に使っていないとすぐにぽっちゃりしちゃうので、少ない回数でもいいので毎日の中にちょっとしたトレーニングでも組み込めたらいいですよね。

というわけで、僕はさっそく今日街を走ろうと思います。(腹筋ではないですが。笑)

 

松田瑞生さん家族についてや出身学校や成績については別の記事でまとめています!

興味がりましたら読んでください!

 

松田瑞生さんがクイーンズ駅伝でも活躍できるように応援しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です