阿川佐和子と檀ふみは喧嘩して不仲なの?出会いからずっと仲がよかった!

2018年4月11日(水)10:00から放送されている新ドラマ「正義のセ」の原作者である阿川佐和子さん。

そんな阿川佐和子さんと檀ふみさんが喧嘩をして不仲なの?という声がネット上でいくつか見られました。

僕はそもそも阿川佐和子さんと檀ふみさんとの間に交流があった事自体知らなかったので、この話題があがっていることに「?」という感じでした。

なので、その真相はどうなのかについて、調べてきました!

Sponsored Link

阿川佐和子さんってどんな人?

阿川佐和子さんは、1953年生まれ64歳小説家エッセイストタレントとなど幅広い分野で活躍しています。

慶應義塾大学卒業後は、織物職人を目指して就職せずにアルバイトで生計を立てます。

1981年の「朝のホットライン」でリポーターを務めてから、キャスターへのキャリアを積んでいきます。

2012年にエッセイ「聞く力」を出版、同書がトーハン発表の2012年の年間ベストセラー総合一位に選出されます。

エッセイの他にも小説を執筆したり、話題になったドラマ「陸王」に出演したり、TVタックルではビートたけしさんの横で進行を務めるなど、多岐にわたって活動をしています。

いくつものことを進行していく自己管理能力や日常で観察する事柄を物語やエッセイに落とし込んでいく創造力、他にも色んな能力を持った才能豊かな人なんですね。

 

ちなみに、阿川佐和子さんの他の話題について記事を書きました。

良かったら見てください。

ドラマ「正義のセ」原作は阿川佐和子!吉高由里子との仲の良さは?

檀ふみさんってどんな人?

檀ふみさんは、1954年6月5日生まれ63歳です。

東京都練馬区出身で、身長は170cmです。

女優や司会者、エッセイストとして活躍しています。

慶応大学在学中に、芸能界デビューを果たし、

「連想ゲーム」の名解答者として15年間に渡って活動します。

ドラマや映画では高倉健さんと共演したり、「男はつらいよ」に出演したり、女優としても活躍しています。

檀ふみさんは写真で見ても分かる通り60代とは思えないほど控えめで美しい人ですね。

Sponsored Link

阿川佐和子さんと檀ふみさんは喧嘩して不仲なの?

そんな阿川佐和子さんと檀ふみさんは喧嘩して本当に不仲なのでしょうか?

調べてみると、「喧嘩して不仲?」という声があがったキッカケは阿川佐和子さんが司会をつとめる番組「サワコの朝」で、お二人が対談形式で会話をしているときの雰囲気が喧嘩してるようで不仲な感じがすると視聴者が思ったことでした。

なので、改めてこの番組を見たのですが、、、

喧嘩もしていないし不仲ではない。むしろ仲の良さが伝わってくる。

という感想を僕はいだきました。

 

番組冒頭で、阿川佐和子さんが檀ふみさんを迎え入れるときに

「なんか私の周りで檀さんどうしちゃったの?女優やめちゃったの?って話を聞くんですけれども」

「最近、阿川さん女優になっちゃったの?言われること多いですけど。」

「ごめんなさいね」

「なんか私の仕事をどんどん侵してない?」

「あなたについていこうと思うがあまりこんな事になってしまいました。」

「先に行かないでほしいのよね。いろいろね。」

という会話を終始笑顔で交わしますが、このときの雰囲気は確かに見方によってはなんか違和感があるなと思うのですが、その後の阿川佐和子さんと檀ふみさんとの会話を聞くと、お二人はそういうふうに冗談を言い合っているんだなということがわかります。

阿川佐和子さんと檀ふみさの出会いは「朝のホットライン」という番組で、そこからずっと関係が続いています。

お二人で、共著「ああ言えばこう食う」を出版されるほどなので、とても仲が良い関係性を維持しているのだと思います。

なのでネット上で「喧嘩して不仲なの?」という声があがってしまったのは、番組冒頭の阿川佐和子さんと檀ふみさんとの会話だけをかいつまんでみた人たちによる反応である気がします。

僕が見た限りではとても仲も良い関係性に見えました

まとめ

以上、今回は、阿川佐和子さんと檀ふみさんが喧嘩して不仲なのかどうかについて、記事を書きました。

僕は「喧嘩して不仲」という様子を阿川佐和子さんと檀ふみさんからの会話からは感じなかったです。

むしろ仲が良いと思いました!

お二人がこれからも活躍されることを応援しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です