古川雄輝の英語は下手ではない!動画で見ると英語力がすごかった!

様々なドラマや映画で活躍されている古川雄輝さん。

そんな彼に対して「英語が下手?」といった言葉がネット上でたくさん見られました。

古川雄輝さんは帰国子女ということもあって、彼の英語が下手だということは考えにくいことですが、実際のところ英語が下手なのか上手なのか、ちょっと気になりますね。

なので、今回は動画を見てその英語力を確かめていこうと思います。

Sponsored Link

古川雄輝ってどんな人?

まず、古川雄輝さんってどんな人なのでしょうか。簡単に紹介します。

古川雄輝さんは、1987年12月10日生まれ30歳です。

東京都出身で、身長は180cmです。

お父さんの都合で、7歳ごろからカナダへ移住し8年間そこで暮らしました。

その後、ニューヨークへ移住して3年間暮らし、計11年間海外ですごしました。

そして日本に戻られ、慶應義塾大学理工学部に進学しました。

同大学で2009年ミスター慶應に選出され、翌年にホリプロから芸能界デビューを果たしました。

こうして経歴をたどってみると、古川雄輝さんは知性もルックスも備えた人だということがよくわかります。

幼少期から11年間も海外に住んでいたのですから、発音もネイティブに近い英語を話しそうですね。

主な映画作品として

潔く柔く

永遠の0

風の色

などがあり、

主なドラマ作品としては

リッチマン、プアウーマン

イタズラなKiss

八重の桜

などが挙げられます。

とくに、イタズラなKissは中国でも大ヒットして、古川雄輝さんの名が世界に知れ渡ったキッカケとなる作品になるかもしれませんね。

今後、渡辺謙さんのように世界へその名を浸透させる日が近いかもしれません。

とても期待が膨らみます!

 

ちなみに、

古川雄輝さんの他の話題についても記事を書いています。

興味がありましたら読んでください。

濱田龍臣が似てる俳優は古川雄輝!画像や写真で比較しました!

Sponsored Link

古川雄輝の英語は下手ではない!動画で見ると英語力がすごかった!

そんな知性もルックスも備えた古川雄輝さんですが、彼の英語が下手なのな上手なのか、動画で確認してみましょう。

これは古川雄輝さんが英語でインタビューを受けている動画と箱から紙をとってそこに記載されている質問か何かに答えている動画が合わさった動画です。

インタビュアの質問にも流れるように詰まることなく返していますし、紙の文字を読んですぐにカメラに向かって答えています。

英語の発音も日本人によくみられるカタコト感がなくて、下手という言葉が程遠いくらいかなり上手です!

舌の巻き方も僕たちがよく聞くネイティブの人と同じような巻き方ですね。

11年間も海外に住んでいたこともあって、やはり英語力はすごいですね。

英語が下手というのは全くもって誤りでした!

まとめ

以上、

今回は、古川雄輝さんの英語が下手なのか上手なのか、その真偽を動画で確認しました。

結果、下手ではなくむしろ英語力がすごかったということがわかりましたね。

古川雄輝さんがこの英語力を駆使して海外でも活躍されるよう応援していきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です