自身を変えたいと思う動機とは?大切なことは行動を習慣化すること

皆さんは自身を変えたい、人生の方向性を修正したいと切実に感じたことはありますか?そしておそらく、この記事に辿り着いたということは、YESということなのでしょう。

Sponsored Link

変化の動機はフラストレーションの解消とよりよい自分自身の獲得

では、どういう時に僕たちは自分自身を変えたいと思うのでしょうか?怠惰な生活が続いてしまった時、失恋して悲しみに暮れた時、無意識の衝動にかられて傷つけたくなかった人を傷つけてしまった時、常識とは違う価値観の存在に気がついてしまった時、努力を怠り思うような結果を得ることができなかった時、約束したことを守らなかった時、書き並べていてもキリがないように僕たちは様々なことをキッカケに自身を変えたいと思うようになるのでしょう。

しかし、それら様々なキッカケの中にある共通の原動力は2つあるのではないかと僕は考えます。それはフラストレーション(不満)の解消よりよい自分自身の獲得です。

僕たちは集団の中で生活を営んでいます。学校、会社、家族、何かしらの集団、環境に属しています。そこでは当然人間関係が絡んでくるわけですから、フラストレーションを感じることが多くあります。

例えば、会社でなら理不尽な上司の命令を聞かなければいけないこともあるだろうし、会社に大きく貢献するような結果をもたらしても十分な評価が得られなかったりすることもあると思います。また、学校では、なんの役に立つかもわからない授業の単位を履修しなければいけなかったり、友人と思うように関係性を築くことができなかったりすることもあると思います。

そういったフラストレーションを感じた時、僕たちは違う環境や情報を求めたくなり自身を変えたいと切に願うのでしょう。

あるいは、今属している環境にフラストレーションを強く感じることがなかったとしても、もっと高いステージを目指したいと思うこともあるでしょう。

例えば、会社で十分な地位や給与をもらっていて自信がつき個人で独立しようとすることや、自己投資してさらに知識を増やしマインドを高めようとする、学校の授業で学んだことに関連した内容を自身で調べたり他のセミナーへ顔を出し吸収していく、このようによりよい自分自身を獲得しようとするときにも違う環境や情報を求め自身を変えていこうと僕たちは思います。

Sponsored Link

変化に大切なことは行動を継続すること

では自身を変えたいと思ったときに、僕たちが一番大切にするべきことはなんでしょうか?それは行動し継続することです言い換えるならば、習慣化することです。

もちろん、上述したように、今まで触れてこなかった情報や環境に触れて考え方や価値観を変化させることは大切です。

しかし、インターネットが発達して誰もが異なる情報を手に入れることができるようになった現代においてはそれらは容易に行われます。

なので、その情報や価値観に準拠した具体的な行動をし、そしてそれを継続することが大切になってきます。行動の継続化で新たな要素を無意識にまで浸透させてはじめて自身の変化は起こるんだと僕は考えます。

例えば、今まで小説を読んでこなかった人がある日手にした小説を読んで感動したとしたら、その感動がもたらした変化はこれからもしっかり小説を読み続ける行動の継続により明らかになっていくのだと思います。

皆さんも僕も、これから変化したいと思ったら違う環境や情報に触れて行動を継続させていくようにしましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です