語り方は相手によって変えて、語れないことは語らなくてもいいんだよ

僕たちは人と関係性を築くときにコミュニケーションをとります。

具体的に言葉を交わし相手がどのような人間性なのか判断していくことになります。言葉とは生活する上で欠かせないものです。そんなこと言われなくてもわかってるよ!と皆さんは思っていることでしょうが笑

[the_ad id=’175′]

相手によって語り方を変えることは大切

だから自分が何を語りどのように語るのかということはとても大切になると僕は考えます。

もちろん何を語るかの重要性は皆さんも重々承知していると思うのですが、同様にどのように語るのかということも重要なのではないかと思うわけです。

例えば好きな人へ告白する時、「君の笑顔や優しさが好きです。僕と付き合ってください。」「桜のような表情を持つ君に、月光のようにそっと包み込んでくれる君に惚れているんだ。僕と付き合ってほしい。」「君は以前ノートを貸してくれた上に微笑んでくれた。それ故に君は優しい人間である。私は優しく笑顔が素敵な女性が好みだ。したがって私は君と付き合いたい。」と言うかで印象や伝わる内容もだいぶ変わってきます。この3つのセリフは語っている内容は本当は同じなんですけどね。

ではどのように語るのが一番いいのでしょうか?それはがっかりさせるようで申し訳ないのですが、ケースバイケースでしょう笑

相手が物事の筋道を大切にしている人であるならばなるべくロジカルに語った方がより正確に伝わると思うし、相手が感覚や感情を大切にしているのであればより感覚的な表現で語ったほうがいいかもしれません。

つまり、相手によって適切な語り方は変わってくるということです。だから相手をよく観察しましょう。

Sponsored Link

語れないことも語らないことも大切

また、ぼくはずっと思っているのですが、語らないという自由もあってしかるべきです

語らないということはまだ自分の中でその物事に結論を出せていないということです。結論を出せていないことを無理に語ろうとすると嘘や誇張や卑下が入ってしまいます。

そういったものが含まれている会話をする人とはやはりなかなか関係性を築くというのは難しくなってきます。

だから語れないことは語らないことも必要です。沈黙も会話をするのと同じくらい大切です。語れるタイミングと方法がいずれわかります。 

まとめると、語り方は相手によって変え、語れないことは無理に語ろうとはしない、ということになります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です