関ジャニ「今」の歌詞の意味は?渋谷すばるのパートはどうする?

関ジャニ今歌詞意味渋谷すばるパート

27時間テレビ2018のテーマソングは関ジャニの「今」ですね!

27時間テレビを見る人の間で、関ジャニの「今」ってどんな曲だっけ?この歌詞の意味は?と思う方はたくさんいると思います。

また、関ジャニの「今」は、2017年にリリースされた曲ですね。

つまり、まだ渋谷すばるさんが関ジャニにいた頃にリリースされた曲なので、彼のパートを誰が代わりに歌うのかも気になりますよね。

なので、今回は関ジャニの「今」の歌詞の意味と、渋谷すばるさんのパートはどうするのかについてまとめました。

Sponsored Link

関ジャニの「今」の歌詞は?

関ジャニ今歌詞意味

関ジャニの「今」の歌詞はこちらです。

こちらは「今」を歌う関ジャニの動画ですが、まだ渋谷すばるさんがいる頃なので、貴重ですね。

いつまでも此処に居たいけれども
旅立つ夢を見てしまったことを

貴方に祈りを捧げるよ
さよならまたいつか会うまで

夢を見たから胸の中から
手を伸ばし君の肩を叩くから
いつか目の前たどり着けたら
くだらないことで笑い合えるかな
未来を作る 今 今 今

見つめても見えないものがあると
聞こえない声を聞こうとしては

彼方に光を感じるよ
おはよう また会えた ほんとさ

夢の中から水の底から
手を伸ばし君の掌つないだ
いつか目の前たどり着けたら
苦い思い出を笑える頃かな
未来を越える 今 今 今

風が今 強くなる
日が落ちるその前に
君の声思い出したら
さあ 時に乗る

夢を見たから胸の中から
手を伸ばし君の肩を叩くから
いつか目の前たどり着けたら
くだらないことで笑い合えるかな
未来を作る 今 ほら

夢の中から水の底から
手を伸ばし君の掌つないだ
いつか目の前たどり着けたら
善い思い出を笑える頃かな
未来を越える今今今
ほら 今 今 今

「希望」という言葉がふと頭に浮かび上がるような歌詞ですね。

歌詞だけではなく、曲調にも明るい未来が予感されているのが伝わってきます。

そんな歌詞の意味がやはり気になるところです。

Sponsored Link

関ジャニの「今」の歌詞の意味は?

関ジャニ今歌詞意味

関ジャニの「今」の歌詞の意味を個人的に考えてみました。

あくまで、僕が個人的に歌詞の意味を解釈したに過ぎないので、一つの捉え方として読んでいただけると幸いです。

 

いつまでも此処に居たいけれども
旅立つ夢を見てしまったことを

貴方に祈りを捧げるよ
さよならまたいつか会うまで

とてもシンプルでわかりやすい歌詞ですね。誰しもこういう思いを抱いたことがあるんじゃないでしょうか。

「いま過ごしてる環境は本当に心地よい。ここを離れる必要なんてないかもしれない。だけれども、僕はここにいてはいけない気がする。僕は何か夢を追っかけたいと思っているんだ。そのためにここを離れよう。」

こんな夢想を抱いてどこかに行こうと思ったことはありますよね。

彼は「旅立つ夢」を持ってしまった。だから「さよならまた会う日まで」とあなたに言わなければいけない。それでも彼は「あなたに祈りを捧げるよ」と感謝と優しさを伝えていますね。

そしてそのあなたとは「過去の自分」のような気がします。

「過去の自分との別れ」を、悲しみをなるべく含ませないようにして表現している歌詞に僕には感じます。

 

見つめても見えないものがあると
聞こえない声を聞こうとしては

彼方に光を感じるよ
おはよう また会えた ほんとさ

ここの歌詞の意味はとても抽象的に表現されていますよね。「見つめても見えないもの」や「聞こえない声を聞こう」というのは、現実世界では形をとって現れてこないものを指していそうですね。

前者は「本当に自分が求めている未来の自分像」のような観念を表し、後者はそれを叫ぶ「自分の声を自分自身が聞こう」という思いが表現されているように感じます。

そうすることによって少しずつその観念が具体的な形をとってくる。水平線の彼方で朝日が少しずつ光とともに顔を出してくるように。

そして光が見えてきた時にその光が「未来の自分」であることに気がついて、「おはよう、また会えた」という言葉をかけたように感じます。

 

風が今 強くなる
日が落ちるその前に
君の声思い出したら
さあ 時に乗る

ここの歌詞は「勢い」がうまく表現されているように感じますね。

風が強くなって流れが大きく動き出す。その勢いが無くなる前にその「変化」に自分をさらさないと手遅れになってしまう。

「君の声」つまり「未来の自分の声」を思い出したら、あとはその変化の流れに身を投じて「時に乗る」しかないよね、という思いが意味として込められてるように感じます。

 

夢を見たから胸の中から
手を伸ばし君の肩を叩くから
いつか目の前たどり着けたら
くだらないことで笑い合えるかな
未来を作る 今 今 今

これは歌詞の中でも何回も繰り返されるパートになりますね。

自分が見た夢の中で遠くに佇む「未来の自分」の肩をたたけるように、目の前で一緒にそれまでの過程で経験したいろんなくだらない物事を笑えるように、「今」という時間を生きていこうという決意が歌詞から読み取れます。

今がそんな笑いあえる明るい未来を作るんだよ、と。

 

関ジャニの「今」の歌詞の意味は、全体的に「過去の自分から離れて、未来の新しい自分を獲得するために、今を生きて行くんだ」ということになるような気がします。

そういった力強いメッセージを僕はこの歌詞から感じました。

関ジャニの「今」の渋谷すばるのパートはどうする?

関ジャニの「今」の歌詞の意味について個人的な見解を綴りましたが、渋谷すばるさんのパートはどうするのかも気になるところですよね。

関ジャニが「今」を歌っている動画をみてみると、渋谷すばるさんが一人で歌っているパートはどうやらないようなので、おそらく通常通りこれからも歌っていくのかもしれませんね。

ただ、歌詞の雰囲気や曲調によっては2人の声が重なったほうがよいところもあると思うので、それは違う人がうけおう形になると思います。

いずれにせよ、渋谷すばるさんが「今」のなかで、独唱する歌詞のパートはないようなので、根本的なところは変えなくても大丈夫そうですね。

関ジャニ「今」の歌詞の意味は?渋谷すばるのパートはどうする?:まとめ

関ジャニ今歌詞意味渋谷すばるパート

以上、今回は関ジャニの「今」の歌詞の意味と、渋谷すばるさんのパートはどうするのかについてまとめました。

  • 歌詞の意味は「過去の自分から離れ、未来の自分を手に入れるために、今を生きていこう」というものに感じられた
  • 独唱がないので、渋谷すばるさんのパートはそのまま他のメンバーが代わりそう

ということでした!

27時間テレビでたくさん放送されそうですね!

楽しみにしましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です