コンフィデンスマン1話のあらすじ&感想!矢代久美子は未唯mie!

2018年4月9日(月)から始まる新ドラマ「コンフィデンスマンJP」の初回放送日がだんだん近くなってきました。

東出昌大さんが月9初主演を務めたり、古沢良太さんが脚本を務めることなどで、注目を集めているドラマですね。

そんな新ドラマ「コンフィデンスマンJP」第1話のあらすじと僕なりの感想をつらつらと書いていきます。

Sponsored Link

コンフィデンスマン1話のあらすじ

コンフィデンスマンJPの1話のあらすじはどういったものなのでしょうか?

長澤まさみさん演じるダー子が大金をだまし取る相手として目をつけたのが、江口洋介さん演じる赤星栄介。

赤星は表向き文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士だが、裏では経済ヤクザとして暗躍する悪党であった。

ダー子は、彼が国税庁からうまく逃れ莫大な資産を海外に持ち込もうとしていると目論む。

リチャードを赤星に接触させるが、正体がバレたリチャードは重症を負わされ病院に入院させられるハメになる。

信用詐欺師として足を洗っていた東出昌大さん演じるボクちゃんは、その知らせをうけて、ダー子とともに赤星を討つことを決意する。

そして、ダー子とともに壮大な計画をを立て、、、、

というのがコンフィデンスマンJP1話のあらすじになっています!

コンフィデンスマン1話の感想

このあらすじを読む限り、今回の構図は「ダー子&ボクちゃんVS赤星栄介」ということになるでしょう!

ダー子たちがたてる計画が果たして功を奏するのか、あるいは裏の世界でのし上がってきたほどの狡猾さや実力を持つ赤星栄介がその計画を蹴散らしてしまうのか、そして一度足を洗ったボクちゃんがこの騒動にどのように関わっていくのか、彼はまた信用詐欺師へと戻ってくるのか、そういったことに注目して見たいと思いました!

ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンビネーションもまた注目できそうですね。

Sponsored Link

矢代久美子を演じるのは元ピンクレディの未唯mie!

そんな第一話の冒頭で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの最初の詐欺のターゲットとなるホストクラブオーナー、矢代久美子を演じるのが元ピンクレディの未唯mieさんです!

ホストクラブのオーナーだけあってかなりゴージャスな身なりですね!

未唯mieさんは、ここ1.2年テレビであまりお見かけすることはなかったようなので、コンフィデンスマンJPで久しぶりにテレビのスクリーンに現れるということになりますね!

1話のメインゲストは赤星栄介ですが、未唯mieさん演じる矢代久美子もどのように関わってくるかも見どころの一つです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です