「コンフィデンスマンJP」古沢良太の他の作品と脚本の書き方は?

2018年4月9日(月)から始まる新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の脚本を手がけている古沢良太さん、彼がいったいどういう人で、過去に手がけた他の作品はどういったものがあるのか、彼の脚本の書き方を調べました!

Sponsored Link

古沢良太はどういう人?他の作品は何があるの?

古沢良太さんは、1973年8月6日生まれ44歳です。

神奈川県出身で、東海大学文学部日本文学科を卒業されています。

既に結婚されており、お子さんも二人いるそうです

幼少期は漫画家を志望されていたそうです。

漫画家志望だった点や学部が文学部という点をみると、幼い頃から文章や絵や物語に触れることが好きだったのかもしれませんね。

僕も機会があるごとに物語に触れて影響を受けてきた人間なので、古沢良太さんに対して共感できることが多そうで既に少しばかり親近感を湧いています!

また古沢良太さんは言葉数が少なく、人と会話することがあまり得意ではないそうです。

だからこそ、自分の想像の世界に没頭することができて、多くの作品をつくりあげることができたのかもしれないですね。

では他の作品にはいったいどういうものがあるのでしょうか?

主な映画作品としては、

ALWAYS 三丁目の夕日

寄生獣

探偵はBARにいる

主なドラマ作品としては、

相棒

リーガルハイ

デート〜恋とはどんなものかしら〜

が挙げられます!

どれも誰もが一度は耳にしたり、目にしたことはある作品ではないでしょうか?

ここまでのヒット作品を世に出すことができた背景には、古沢良太さんの脚本執筆における努力があったんでしょうね。

僕が個人的に思うことは、”相棒”や”探偵はBARにいる”のようなクールでかっこいい物語と、”リーガルハイ”のようなコミカルな物語と、”ALWAYS 三丁目の夕日”のようなノスタルジックな物語と、”寄生獣”のような奇妙で斬新な物語といった具合に、様々な形の物語を作り上げている点が古沢良太さんの才能の豊かさを表しているなぁ、ということです。

古沢良太が脚本を務める「コンフィデンスマンJP」ってどういうドラマ?

では、そんな古沢良太さんが今回脚本を書いた新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」とは一体どういうドラマなんでしょうか?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html

コンフィデンスマンJPは、東出昌大さん扮するボクちゃん長澤まさみさん扮するダー子小日向文世さん扮するリチャード3人の信用詐欺師が、様々な業界で羽振りを利かす大物から大金をだまし取るエンターテイメントコメディーとなってます!

他の作品でいうと、どうやら”リーガルハイ”のようなスピーディーでコミカルな作品になっているみたいですね。

長澤まさみさんの変装も見どころの一つになっているそうです。

確かに、この画像に映る東出昌大さんと、長澤まさみさんと、小日向文世さんの佇まいや表情はどこか人をだまし惑わすような雰囲気を醸し出していますね。

期待感が膨らむドラマです!

Sponsored Link

古沢良太の脚本の書き方は?

では、古沢良太さんの脚本の書き方はどういったものなのでしょうか?

自分らしいものにはとらわれず、その時興味のあることや提示された作品に挑むことで、こうすれば良かったという反省も生まれ、次の作品に生かせる。結果、一段ずつ階段を上り、技術が身に付き、手が届かないと思っていたものも書けるようになっていきました

引用元:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/173/2

あるインタビューで古沢良太さんは上記のように語っていました。

自分が思い描く理想の書き方にこだわらず、プロデューサーなどから毎回要求される要件を満たす書き方にこだわっていくことにより、良い作品ができていったということでしょうか。

誰しもはじめから自分のオリジナル性や世界観を表現しようとしてしまいがちですが、世間的に評価を得るためには相手側の望みをしっかり形にする必要があります。

その望みをこつこつと脚本の中で実現していくに連れ、そこで培ったスキルが自分のオリジナル性や世界観をより広くより深くし、やがて自分の思うように書いた脚本でも世間にも評価されてくるということを言っているんだと僕は思います。

映像をイメージして、スケッチブックに画を描く

引用元:http://nodramanolife.net/archives/56

また、脚本を書く祭には上記のように頭の中で映像をイメージして実際にスケッチブックに書いているそうです。

もともと漫画家志望ということもあって、頭に浮かんだイメージを絵にしてその後に文章に起こすという書き方を実践されているみたいですね。

少しでも脚本に興味がある方は、まず頭の中のイメージを具体的な絵に落とし込んでみて、次にそれを文章で表現するという書き方を実践してみるといいかもしれないですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です