中村敬斗のプレースタイルは?ガンバでのポジションや浦和戦のゴールを調査!

日本代表がワールドカップの決勝トーナメント初戦のベルギー戦で悲劇的な逆転負けをしてしまいました。

サッカーファンにとっては、後半の途中まで2-0で日本代表がリードしていただけにかなりショッキングな試合だったと思います。

その昔「ドーハの悲劇」と名づけられた歴史的な逆転負けを経験した日本代表ですが、今回のベルギー戦も「ロストフの悲劇」と名付けられてもおかしくないような衝撃的な逆転負け試合でした。

ただ日本代表があのベルギー相手に互角以上の試合をしたことは誇るべきことですよね。

次のワールドカップは4年後です。そのときには今の若い世代のサッカープレーヤーたちが日の丸を背負ってピッチに立っていることでしょう。

今回はそんな若きサッカープレーヤーの中で注目をされている中村敬斗選手について記事を書きました。

中村敬斗選手はどのようなプレースタイルなのか、またガンバでのポジションや先日の浦和戦でのゴールシーンを調査しました!

Sponsored Link

中村敬斗のプレースタイルは?

中村敬斗プレースタイル

中村敬斗選手はどんなプレースタイルなのでしょうか。

サッカー選手は同じプロだとしても、プレースタイルが違うだけで輝き方も変わるので、自分自身のプレースタイルを持っていることがとても大事ですよね。

中村敬斗選手のプレースタイルがよく現れているのが、こちらの動画です。

中村敬斗選手はとても足技が細かい上に、足が長いので足から足へのボールの移動距離がとても長く、相手DFの届かない場所にボールを置くのが上手いですよね。

つまり中村敬斗選手のプレースタイルとしてはドリブル突破がまずあげらるのですが、そのドリブルの特徴はボールタッチが細かくボールの可動域が広い、ということではないでしょうか。

とくに切り返しがとても深いという印象を僕は受けました。

そのプレースタイルがまず中村敬斗選手のベースになっているものに見えます。

 

また、ゴール前やペナルティエリア外からのシュートが正確というのも中村敬斗選手のプレースタイルの一つとも言えそうですね。

動画を見ると、キーパーのいない方向にしっかりとボールを流し込んでいるシーンが多いですね。

 

そして中村敬斗選手は身長が180cmと日本人選手にしては高いサッカープレイヤーです。

その身長を活かしたヘディングの強さも中村敬斗選手のプレースタイルの一つでしょう。

 

ドリブルよし、シュートよし、ヘディングよし、の3点が中村敬斗選手のプレースタイルのポイントになりそうですね。

中村敬斗のプレースタイルと久保建英のプレースタイルの違いは?

中村敬斗プレースタイル

そんな中村敬斗選手と同世代のサッカー選手として注目を集めるのが久保建英選手ですよね。

久保建英プレースタイル

久保建英選手はずっとバルセロナの下部組織でプレーをしてきた若手ナンバーワン注目株です。

今はFC東京に在籍していますが、彼のプレースタイルはメッシのように細かいタッチとスピードですね。

こちらが久保建英選手のプレースタイルがよく現れている動画ですが、右サイドから中に切り替えしてシュートまで持っていく姿はまさにメッシですね!

 

中村敬斗選手のプレースタイルと久保建英選手のプレースタイルの違いは

中村敬斗選手はボールの可動域が広いタッチで身長をうまく使ったプレースタイル

久保建英選手は細かいタッチとスピードを使ったプレースタイル

ということになるのではないでしょうか。

いずれにせよ、同世代に二人も注目選手がいるのは日本にとっては喜ばしいことです。

二人には独自のプレースタイルを進化させていってほしいですね。

Sponsored Link

中村敬斗のプレースタイルと似てるサッカープレイヤーは?

中村敬斗プレースタイル

では中村敬斗選手のプレースタイルと似てるサッカープレイヤーは誰でしょうか。

個人的にぱっと頭に浮かんだのは、クリスティアーノ・ロナウド選手でした。

ロナウドプレースタイル

もちろん、ロナウド選手は世界のトッププレイヤーですので、いくら中村敬斗選手が素晴らしい選手だとしても実力的には及んでいないと思います。

ただ、高い身長と高い得点力、可動域の広いボールタッチによる突破力を見ると、クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルとかぶっている点が多いですよね。

ロナウド選手ほどまだパワーはありませんが、僕は中村敬斗選手にはぜひともロナウド選手みたいなストライカーを目指してほしいと思います。

中村敬斗のガンバ大阪でのポジションは?

中村敬斗ポジション

そんなプレースタイルを持つ中村敬斗選手のガンバ大阪でのポジションはどこでしょうか。

プレースタイルを見れば予想がつくと思いますが、ポジションはFWですね。

これからどんどん試合に出てもらって、じゃんじゃん点を取って、名実ともにストライカーとして成長していってほしいですね。

中村敬斗の浦和戦でのゴールシーンを調査!

中村敬斗プレースタイル

中村敬斗選手が浦和戦で決めたゴールシーンはこちらです。

味方側のゴールエリア付近から一気にドリブルで持っていき、ニアサイドにボールを流し込んでいます。

とてもシンプルなプレーに見えますが、この大観衆の仲、後半ロスタイムにしっかりと点を決める姿は着実にストライカーの道を歩んでいますね。素晴らしいです。

これからの中村敬斗選手がどうなっていくのか楽しみですね。

中村敬斗のプレースタイルは?ガンバでのポジションや浦和戦のゴールを調査!:まとめ

以上、今回は中村敬斗選手はどのようなプレースタイルなのか、またガンバでのポジションや先日の浦和戦でのゴールシーンを調査しました!

中村敬斗選手のプレースタイルは

  • ボールの可動域が広いタッチからのドリブル突破
  • 高い身長を活かしたヘディング
  • 正確なショート

ということでした!

これからの日本を背負うくらい成長してほしいです!

中村敬斗選手を応援しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です