朝ドラ「半分、青い。」ヒロインの永野芽郁の鼻がかわいい!

2018年4月2日より放送されるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインに抜擢された永野芽郁さん、このドラマの概要と彼女の鼻の魅力について僕が個人的に思うことをつらつらと書いていきます。

Sponsored Link

永野芽郁がヒロインを務める朝ドラ「半分、青い。」っていったいどんなドラマ?

1971年の岐阜県のとある田舎町。家族で食堂を営む楡野晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。女の子の名前は鈴愛(すずめ)、男の子の名前は律(りつ)。ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。やがて迎えた1980年。鈴愛(矢崎由紗)は天真爛漫な少女に、そして律(高村佳偉人)は、クールだが心優しい少年になっていた。ある日二人は、鈴愛の突拍子もない発想から、ある壮大な計画に乗り出す。

引用元:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_01.html

朝ドラ「半分、青い。」公式ページに記載されているあらすじを読んでみると、どうやら幼馴染の少年と少女が突拍子もない計画を立て周りの人たちをどんどん巻き込んでいくドラマのようですね。

永野芽郁さん演じる鈴愛の幼少期は別の女優さんが演じているんですね。

永野芽郁さん演じる鈴愛と律が一体どんな壮大な計画をたて、その計画は果たして首尾よく実行されるのかどうか、見どころ満載ですね。

想像するだけでワクワクするようなドラマです!

Sponsored Link

朝ドラ「半分、青い。」のヒロイン永野芽郁の鼻がかわいい!

永野芽郁さんは、2015年「俺物語」でヒロインに抜擢されて以来、「八重の桜」「真田丸」など数々の映像作品に参加することになります。

そんな着実に実力を身に着けてきている永野芽郁さんと他の女優の方々との違いはなんでしょうか?

それは鼻です。鼻が特徴的でとてもかわいい!

引用元:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_01.html

この画像を見てもわかると思いますが、とても鼻が大きくて高いです。

この大きくて高い鼻が他の女優の方とは違った表情の個性を演出していますよね。

有村架純さんのように柔らかすぎず、北川景子さんのように鋭く綺麗すぎず、永野芽郁さんでしか表現できないような、かわいい!、を見事に僕たち視聴者に届けています。

まとめ

朝ドラ「半分、青い。」にヒロインとして出演している永野芽郁さんの鼻が個性的でかわいいことを記事にしました。

自分の他の人とは違う個性的なところで悩んでいる人は少なくないとは思いますが、永井芽郁さんの鼻のようにかえって個性的な魅力になることも十分あります。

見方を変えてみることは大切かもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です