川島永嗣を酷評するべき?パンチングミスでwikiが炎上!

川島永嗣酷評するべき?

日本代表が決勝トーナメント進出を決めたことに歓喜の声が止まない一方で、川島永嗣選手の酷評があとを絶えないですね。

ポーランド戦では、見事なセービングで失点を防いだ場面はあったものの、コロンビア戦やセネガル線のパンチングミスなどで、ネットを中心に酷評が嵐のように巻き上がっていますね。

パンチングミスをしたあとはwikiが大きく荒れるなどもしてました。

今回は川島永嗣選手を酷評するべきなのかどうかについて記事をまとめました。

酷評するべきと言っている人の意見などもまとめました。

Sponsored Link

川島永嗣を酷評するべき?vsコロンビア戦のフリーキック

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、まずコロンビア戦でのフリーキックから振り返っていきましょう。

ペナルティエリアの枠外からのフリーキックです。

壁の下を通り抜けて見事にゴール右下隅にボールが入ります。

川島永嗣選手は反応してボールを捉えて前に押し出しましたが、残念ながらボールはゴールラインを割っていてコロンビアの1点となってしまいます。

このハイライトを見ると、これは川島永嗣選手のミスではなく、むしろその前にペナルティエリアのすぐ近くでファールを与えてしまったことに問題があるように見えますね。

川島永嗣選手はよく反応してボールを捉えたと思います

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、このコロンビア戦のプレーを見ると酷評するべきとは言えないですね。

川島永嗣を酷評するべき?vsセネガル選のパンチングミス

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、続いてセネガル戦でのパンチングミスを振り返ってみましょう。

セネガル戦でのパンチングミスを見てみると、確かにこれは「なぜキャッチじゃなくて、パンチングをしたんだ?」という疑問が出てしまうプレーでした。

パンチングではなくてキャッチという判断をするべきだろうと。

僕も個人的にはそう思います。パンチングの判断はミスだろうと。

ただあの場面、たくさんのセネガル選手が川島永嗣選手に向かって足を伸ばしていました。

もし川島永嗣選手がキャッチを選んだとして、それを少しでもこぼしてしまったら即失点です

なのでそれを避けるためにパンチングで遠くに飛ばそうとしたのではないか、と僕は思うんです。

もちろん結果的にパンチングミスで失点をしてしまうわけですが、それでもこのワンプレーで酷評するべきというのを酷だと思います。

他にもいい判断でゴールを守ってきたことはたくさんあるのですから。

このプレー1つだけで川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、僕は酷評するべきではないと思います。

川島永嗣を酷評するべき?vsポーランド戦での見事なセイビング

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、続いてポーランド戦で見せた見事なセイビングを振り返っていきましょう。

ポーランド代表のセンタリングからのヘディングを見事に片手一本で止めています。

いい反応ですね。これは普通なら失点していてもおかしくない場面です。

またDFライン裏に放り込まれたボールに迅速に対応して、相手FWの飛び出しを防いでいます。

このポーランド戦では、失点もしていますが、川島永嗣選手の判断も良くて全体的にバランスのとれた感じがしました。

酷評どころか好評と言ってもいいんじゃないでしょうか。

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、やはり酷評するべきではないですね

Sponsored Link

川島永嗣を酷評するべき?パンチングミスでwikiが炎上

川島永嗣酷評するべき?

そんな川島永嗣選手ですが、セネガル戦のパンチングミスをキッカケにwikiを荒らされてしまいましたね。

酷評するべき!と思った熱きサッカーファンの人が暴れてしまったようです。

川島永嗣選手のwikiに、

「パンチングによるゴール献上を得意としている」
「(経歴欄で)2018年 マネにアシストを記録する」
「ポジションはゴールライン後ろ」「セネガル代表」

という文言が付け加えられてしまったらしいです。

ある意味ユーモラスですが、川島永嗣選手に対して酷評を叩きつけ過ぎはしないでしょうか。

そこまでwikiが炎上するほど、パンチングミスを釣り上げてるのはちょいと違うような気がしますよね。

ポーランド戦のファインプレーを見れば、そこまで酷評をしなくてもいい気がします。

川島永嗣を酷評するべき?ネットの反応は?

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、ネットの反応はどうなんでしょうか。

海外のメディアも川島永嗣選手を酷評しているものが多かったみたいですね。

ただポーランド戦のセービングを境に酷評から称賛に変わっているみたいですね。

ネットの人にはまだ酷評するべき!と主張している人もちらほら見られますが、酷評の状況からよくポーランド戦で立て直した!という声も大きくなりつつある感じですね。

酷評するべきかどうかについて、酷評するべきではないよねって考える人が増えている印象です。

川島永嗣を酷評するべき?個人的な見解

川島永嗣酷評するべき?

川島永嗣選手を酷評するべきかどうか、今までの内容をみると答えは出ていますね。

酷評するべきではない!

むしろネットの反応でもあったように、立て直したことに称賛の声をあげていいんじゃないのかなと思います。

ワールドカップという大舞台で短期間のうちに自分の調子を取り戻すって、かなりの精神的なタフさと集中力が要求されることだと思うので、それを見事に持つ川島永嗣選手のプロ姿に感心するばかりです。

ベルギー戦も酷評を気にしないで活躍してほしいです!

川島永嗣を酷評するべき?パンチングミスでwikiが炎上!:まとめ

以上、今回は川島永嗣選手を酷評するべきなのかどうかについて記事をまとめました。

酷評するべきと言っている人の意見などもまとめました。

川島永嗣選手を酷評するべきではない!むしろ称賛してベルギー戦に期待しても大丈夫!

ということでした!

日本の守護神川島永嗣選手を応援しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です