ベルギー戦のスタメン予想!日本代表のメンバーをチェック!

ベルギー戦スタメン予想

7月2日(月)の27:00~決勝トーナメント初戦の日本vsベルギー戦がキックオフですね。

その際に、知りたいのはベルギー戦のスタメンですよね。

予選のグループリーグでは、スタメンのメンバーを入れ替えてポーランド戦とのキックオフを迎えた日本代表でしたが、今回のベルギー戦のスタメンも今までとは違うメンバーが入る可能性はあるのでしょうか。

とても気になるところなので、今回の記事では予選グループリーグのスタメンを振り返るとともに、ベルギー戦のスタメン予想を書きました。

ネット上であがっているベルギー戦のスタメン予想もまとめています。

Sponsored Link

ベルギー戦のスタメン予想!vsコロンビア戦の日本代表のメンバーは?

ベルギー戦スタメン予想

ベルギー戦のスタメン予想に入る前にまずコロンビア戦のスタメンを振り返ってみましょう。

コロンビア戦には見事勝利で終わっているので、うまく日本代表のメンバーを起用できたとも言えそうですよね。

 

コロンビア戦のスタメン(日本代表メンバー)

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

コロンビア戦はワントップに大迫選手を起用してきましたね。

前半始まってすぐコロンビアの選手がハンドをしてPKになりました。

それを香川選手がきっちり決めて1-0の展開に。

そのあと、コロンビアにフリーキックで追いつかれますが、本田選手の途中交代でまた勢いを取り戻しますね。

その本田選手のコーナーキックから大迫選手がヘディングを叩き込んで逆転勝利を飾りました。

得点をとった選手がスタメンの二人だったのを考えるとコロンビア戦のスタメンは決して悪くなかったと言えそうですね。

途中交代の本田選手もきっちり仕事をしてましたから日本代表のメンバーをうまく使えた采配だったのではないでしょうか。

ベルギー戦のスタメンにもコロンビア戦のイメージは少なからず加わる気はしますよね。

ベルギー戦のスタメン予想!vsセネガル戦の日本代表のメンバーは?

ベルギー戦スタメン予想

ベルギー戦のスタメン予想の前に続いてセネガル線のスタメンを見ていきましょう。

セネガル戦の日本代表メンバーも活躍して見事引き分けにまで持っていきましたよね。

 

セネガル戦のスタメン(日本代表メンバー)

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

コロンビア戦と変わらないスタメンでキックオフを迎えましたね。

セネガルにまず先制を許してしまう日本でしたが、その後にスタメンの乾選手がボールを巻くようにして見事サイドネットに突き刺し同点ゴールを入れます。

またその後セネガルに逆転ゴールを入れられますが、本田選手が途中交代で入り、その本田選手が乾選手からの折返しでそのままゴールにボールを突き刺して再び同点にします。

セネガル戦はコロンビア戦と違いスタメンの乾選手が活躍したのと、コロンビア戦と同じで途中交代の本田選手が活躍したのとで、同点まで持ってこれました。

ベルギー戦のスタメンに乾選手が入るのか入らないのか、また本田選手を途中交代のままで起用するのかスタメンで起用するのかもポイントになってくるような気がしますね。

決勝トーナメントは勝たなくては次に進めないし、とにかくベルギーは圧倒的な攻撃力を持っているので、しっかりと点を取れるスタメンの構成や日本代表メンバーの活用をしていかないと厳しい戦いになりそうですね。

ベルギー戦のスタメン予想!vsポーランド戦の日本代表メンバーは?

ベルギー戦スタメン予想

ベルギー戦のスタメン予想の前に最終戦のポーランド戦のスタメンを振り返っていきましょう。

ポーランド戦では引き分け以上で決勝トーナメントに進出することが可能な条件を日本代表が持っていたのでどちらかというと守り目な試合展開でしたね。

 

ポーランド戦のスタメン(日本代表メンバー)

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)FW
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

ポーランド戦では、コロンビア戦やセネガル戦とは打って変わってスタメンを6人も変更してきました。

フォーメーションもワントップではなくツートップの形に変えてきました。

試合内容は後半に1点を取られてから、終始ボール回しに徹していましたが、前半戦では今回初スタメンの岡崎、武藤、宇佐美選手がシュートまで積極的に持ち込んでいく場面も見受けられて悪くない展開でした。

初スタメンの山口蛍選手も落ち着いて全体のバランスをとって、流れをコントロールしていたように思います。

ポーランド戦のスタメンや日本代表メンバーのプレーを西野監督がどう評価し、ベルギー戦のスタメンに起用していくのかが楽しみですね。

ベルギー戦のスタメン予想も大いに盛り上がっている気がします。

Sponsored Link

ベルギー戦のスタメン予想!ネットので飛び交う日本代表メンバーは?

ベルギー戦スタメン予想

ではベルギー戦のスタメン予想として、ネットで飛び交う日本代表メンバーは誰なんでしょうか。

ネットのスタメン予想って結構鋭い考えのもと打ち立てられているものがあったりするので意外に参考になるんですよね。

ネット上で飛び交う日本代表メンバーのベルギー戦のスタメン予想を見ると、コロンビア戦とセネガル線のスタメン起用でいくと予想している人が多いですね。

ベルギー戦はやはり勝たなければ次戦には進めない試合になってくるので、グループ戦で勝ったor引き分けで終われた日本代表メンバーのスタメンで挑むというスタメン予想は妥当かなと思いますよね。

ベルギー戦のスタメン予想!個人的に考えてみた

ベルギー戦スタメン予想

以上のようなグループリーグのスタメンやネット上で飛び交うスタメン予想を考慮した個人的なベルギー戦のスタメン予想がこちらです。

 

ベルギー戦日本代表スタメン予想

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
21酒井高徳(ハンプルガーSV/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

基本的にはベルギー戦のスタメンはコロンビア戦とセネガル戦と変わらないスタメンですね。

ただ原口選手のところに酒井高徳選手が入ると予想します。

酒井高徳選手は攻守に渡ってプレーできる程の運動量がある選手です。

また今回のベルギー戦では守備と攻撃の両方の参加が高く求められると思います。

なので原口選手ではなくて酒井高徳選手がスタメンに入ると予想します。

個人的なベルギー戦のスタメン予想ですが、あながち間違えてないんじゃないのかなって気がします。笑

ベルギー戦のスタメン予想!日本代表のメンバーをチェック!:まとめ

ベルギー戦スタメン予想

以上、今回は予選グループリーグのスタメンを振り返るとともに、ベルギー戦のスタメン予想を書きました。

ネット上であがっているベルギー戦のスタメン予想もまとめました。

グループグループのスタメンやネット上であがっているスタメン予想を見ると、基本的にはコロンビア戦とセネガル戦のスタメンでいくだろうと考えるのが妥当な気がしますね。

ベルギー戦はとても厳しい試合になるでしょうが、ぜひ後悔のないスタメンで挑んでもらいたいですね!

日本代表メンバーを応援しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です