崎山蒼志の作詞作曲のやり方・方法は?曲の動画をチェック!

AbemaTV「日村がゆく」で注目を浴びる新世代のミュージシャン崎山蒼志さんは、小学6年生から15歳現在までに作詞作曲した数およそ300曲になる才能豊かなミュージシャンです。

普通に考えたら、まず小学生の時に作詞作曲を始めたことも驚きですが、300曲も手がけるってファンキーですよね。

大体4日に一曲のペースで作詞作曲していることになります。

僕は音楽を作ったことがないのですが、その頻度を見れば素人の僕でも凄まじいスピード感なのはなんとなく理解できます。

そんな崎山蒼志さんの作詞作曲のやり方・方法を知りたいと思う人って多いと思います。

なので、今回は崎山蒼志さんの作詞作曲のやり方・方法を調べました。

また今までに公表している曲の動画もまとめています。

Sponsored Link

崎山蒼志の作詞作曲のやり方・方法は?

崎山蒼志の作詞作曲のやり方・方法はどうなんでしょうか。

実際に調べたところ、

まだ作詞作曲のやり方・方法について詳しい情報は出ていませんでした。

しかしAmebaTVの「日村がゆく」に出演した際に、「五月雨」という曲を披露したのですが、その曲に対して日村さんから「どうやって作ってるの?」と質問されたことに対して、

そん時の悩みっていうか、思ってることとかいろいろあって、まああんまり覚えてないんですけど。。」と答えています。笑

どうやら、当時の悩みや思いをバーっと詩に起こして、その時のイメージをバーっと詩で起こす、ということをして作詞したようですね

リアルな悩みや思いが詩に反映されているということでしょうか。

まだまだ崎山蒼志さんの作詞作曲の全貌が明らかになっていませんが、分かり次第追記したいと思います。

崎山蒼志の作詞作曲に対する世間の声は?

ではそんな崎山蒼志さんの作詞作曲に対する世間の声はどうなんでしょうか?

 

 

 

 

世間の声を見ると、崎山蒼志さんの作詞作曲の腕前にびっくりしている人が多そうですね。

そして崎山蒼志さんの作詞作曲から打ち立てられる独特の世界観に引き寄せられてしまう人が多いようですね。

作詞作曲の詳しいやり方・方法がほんとに気になりますね。

Sponsored Link

崎山蒼志の曲の動画はこちら

そんな崎山蒼志さんが作詞作曲した曲がこちらです。

独特の世界観に魅了されます。

崎山蒼志さんのどの曲も、詩がほんとに個性的というか、かぶってないというか、感性に富んでいるというか、他の追随を許さないというか、魅力に満ちているんですよね。

heaven ヘブン

 

五月雨

 

平行する夜を

https://www.youtube.com/watch?v=PVZd2lUrFYw

 

North

 

狭い広い街

https://www.youtube.com/watch?v=atF7FEh3Avo

 

月氏

まとめ

以上、

今回は崎山蒼志さんの作詞作曲のやり方・方法について記事を書きました。

  • 作詞作曲の具体的なやり方・方法はまだわからないが、作詞にはその時の悩みや思いが反映されている
  • 作詞作曲の独特の世界観に魅了されている人が多い

ということでした!

これからも崎山蒼志さんを応援しましょう!

 

ちなみに

崎山蒼志さんの基本的なプロフィールや崎山蒼志さんが所属するバンドKIDS’A(キッズエー)については別の記事で書いています。

興味がありましたら読んでください。

崎山蒼志のwikiプロフィールや経歴は?出身中学と高校はこちら

KIDS’A(キッズエー)の崎山蒼志以外のメンバーは?ライブ日やチケットは?【動画】

Sponsored Link